“禿鷲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はげわし75.0%
コンドル25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“禿鷲”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア25.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
眼の鋭い、禿鷲はげわしのような男が訪ねてきて、欽二の行動について、お松の知ってる限りをのみのような舌の先きでほじくっていった。
反逆 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
実際感情を害することもあれば、用事がひどくこんがらかって、おしまひはいくら禿鷲はげわしコルドンさまのご裁判でも、解けないやうになるのだったと申します。
林の底 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
かくして以前もとのロッキー山下の禿鷲コンドル
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
けれども、それと同時にの恐るべき禿鷲コンドルの爪が、その愛児嬢次を虚空に掴みつつ、日本に飛んで来まして、その恐ろしい翼で、妻ノブ子を羽搏はうとうとしている事実がありありと感じられておるのであります。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)