“俯向”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うつむ93.5%
うつむき3.9%
うつむけ1.5%
うつむか0.4%
あふむ0.2%
うつぶ0.2%
うつむい0.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“俯向”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語12.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わたしはやむを得ず俯向うつむいたなり、御留守おるすあいだ出来しゅったいした、いろいろの大変を御話しました。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そしてハンケチを取りだす暇もないので、両方の中指を眼がしらのところにあてて、俯向うつむいたままじっと涙腺を押えていた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「話しにくい?」と云いながら主人は武右衛門君の顔を見たが、先方は依然として俯向うつむきになってるから、何事とも鑑定が出来ない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そして、家と家に挟まれた耕地の所まで乗り付けた時、左側の家の背戸畑の上に俯向うつむきに倒れている人影を見た。
死の復讐 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
……さ、お横に、とこれから腰をむのだが、横にもすれば、俯向うつむけにもする、一つくるりと返して、ふわりと柔くまた横にもしよう。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
また、其外に、俯向うつむけになって居る上面、即ち背中や腰の部分に、火傷でけた所がありますネ、其地肌に暗褐色の網目形が見えます。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
その行く処、飛ぶ処へ、人のからだを持って行って、仰向あおむけにも、俯向うつむかせにもたたきつけるのです。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ところところへ、ひとのからだをつてつて、仰向あをむけにも、俯向うつむかせにもたゝきつけるのです。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
床はまだ敷かなかつた樣子、座蒲團の上へ俯向あふむきになつた恰好で、傷は前から二箇所。
この時突然庄三郎は千切れるような悲鳴を上げ、握った拳を頭上で振った。そうして俯向うつぶせに地に仆れた。そうしてとうとう動かなくなった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
男はやっと寛容くつろいだ姿で、呼ばれた方へ視線を向ける。呼ばれた当人は俯向うつむいている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)