“俯向”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うつむ93.1%
うつむき4.1%
うつむけ1.3%
うつむい0.4%
うつぶ0.4%
うつむか0.4%
あおむ0.2%
あふむ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃、崖邸のおさんと呼ばれていた真佐子は、あまり目立たない少女だった。無口で俯向で、にはよく片唇んでいた。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しまに天国を辞して奈落の暗きに落つるセータンの耳を切る地獄の風は! ! と叫ぶ。——藤尾は俯向ながら下唇をんだ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
……さ、お横に、とこれから腰をむのだが、横にもすれば、俯向にもする、一つくるりと返して、ふわりと柔くまた横にもしよう。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
男はやっと寛容だ姿で、呼ばれた方へ視線を向ける。呼ばれた当人は俯向ている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
翁は、机の上の書物を伏せて、手を合せて指を組んで、頭の上に俯向して、神に何をか祈る……翁が初めの五年、六年は斯様風のものであった。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
その行く処、飛ぶ処へ、人のからだを持って行って、仰向けにも、俯向せにもたたきつけるのです。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
抜けつりつ、こやの軽いのにゃ飽倦ッちゃって、二人とも大汗になって、トド打掴え、掛けたのを外しにかかると、俯向けに倒れながら、まだ抵抗う気だ。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
床はまだ敷かなかつた樣子、座蒲團の上へ俯向きになつた恰好で、傷は前から二箇所。いづれも咽喉を突いたものですが、血潮の凄まじさは、大動脈を切つたのが致命傷になつたためでせう。