怨霊借用おんりょうしゃくよう
婦人は、座の傍に人気のまるでない時、ひとりでは按摩を取らないが可いと、昔気質の誰でもそう云う。上はそうまでもない。あの下の事を言うのである。閨では別段に注意を要するだろう。以前は影絵、うつし絵などでは、巫山戯たその光景を見せたそうで。——御 …
作品に特徴的な語句
ワン ぱっ ちっ だち しり さかし なや 合奏オオケストラ おつ 退すさ かが ゆき 心掛ここころがけ はだ しも やぶれ おっ もうか 蝙蝠バット さかり 寂然しん おく おっ おおき あかる 時宜じんぎ がき とも がち きれ 肥満こえふと 入交いれまじ もよおし はた さかさ うつ つらな 這出はいで から 俯向うつむけ つい どし はり なまめ うしろ 顔色かおつき やっこ 夫婦ふたり うれい えり 長閑のどけ はさま ふり 故人なきひと つる あらた かさな ステッキ 桂樹かつらぎ さん ともしび 参詣おまいり かしこま とお わし ころが 蟷螂かまぎっちょ くれない にぎわ ゆわ つぎ せん しぼり うご かき かか すわ さぐ 膠々にちゃにちゃ えん こぞ ゆびさ 若衆わかしゅ 打込ぶちこ ふっさ あわただ 血気ちのけ 山谷さんこく いわ 山手やまのて