怨霊借用おんりょうしゃくよう
婦人は、座の傍に人気のまるでない時、ひとりでは按摩を取らないが可いと、昔気質の誰でもそう云う。上はそうまでもない。あの下の事を言うのである。閨では別段に注意を要するだろう。以前は影絵、うつし絵などでは …
作品に特徴的な語句
紫檀したん 人魂ひとだま 櫛巻くしまき 耳許みみもと 緋縮緬ひぢりめん たちばな 緋鯉ひごい 退治たいじ 不躾ぶしつ 御仁ごじん 目深まぶか みどり しきみ 一揆いっき 常磐木ときわぎ 狙撃そげき どじょう 一歩ひとあし 苔蒸こけむ 片頬かたほ 円髷まるまげ 冥途めいど けい 外様ほかさま 天蓋てんがい 蛞蝓なめくじ 面当つらあて 河豚ふぐ かわ 伊達巻だてまき 朝飯あさはん 北国ほっこく 五色ごしき 内端うちわ 半間はんま 駈出かけだ 大釜おおがま 御逗留ごとうりゅう 桶屋おけや 緋鹿子ひがのこ 嬌態しな 空嘯そらうそぶ 処々ところどころ 初茸はつたけ 珠数じゅず 巻煙草まきたばこ 山谷さんこく 撫肩なでがた 鶺鴒せきれい 破屋あばらや 友染ゆうぜん 立停たちどま 人混ひとごみ 蟷螂かまぎっちょ 死際しにぎわ 内証ないしょ すもも 出会頭であいがしら 怨念おんねん 時宜じんぎ 長刀なぎなた 小競合こぜりあい 異形いぎょう 目敏めざと 打込ぶちこ 町中まちなか 白張しらはり 緋縅ひおどし 山颪やまおろし 突張つっぱ 定宿じょうやど 片褄かたづま 袷羽織あわせばおり 晃々きらきら 山懐やまふところ 反橋そりはし はげ 中折帽なかおれぼう 意固地いこじ 結綿ゆいわた 間遠まどお 髪結かみゆい 口幅くちはば 御新姐ごしんぞ 鉄棒かなぼう ぷん だん 雛妓おしゃく 老若男女ろうにゃくなんにょ 這出はいで 黒漆くろうるし 身投みなげ 小間こま 薄明うすあかり 微酔ほろよい 附着くッつ 小女こおんな 侠客きょうかく 卍巴まんじともえ 四五日しごんち