“落”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
52.9%
おと17.4%
おち14.7%
おつ4.6%
おっ3.0%
おっこ1.6%
さげ1.0%
らく0.7%
おつこ0.3%
おッ0.3%
おとし0.3%
0.3%
おろ0.1%
おッこ0.1%
いり0.1%
おちい0.1%
おっこっ0.1%
おつこち0.1%
おつこと0.1%
おとさ0.1%
おッこと0.1%
こぼ0.1%
ころ0.1%
っこ0.1%
はま0.1%
0.1%
もら0.1%
0.1%
アヤ0.1%
0.1%
サゲ0.1%
ノコス0.1%
フオウル0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あれは、ただくからながめているものです。けっして、あのちてきたとてべてはなりません。」とえました。
赤い魚と子供 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ある日などはチュンセがくるみの木にのぼって青いしていましたら、ポーセが小さな卵形のあたまをぬれたハンケチでんで
手紙 四 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
踊りがうまいわけでも何でもありませんが、ひどく巧妙に要領を掴んで、さんざん潮吹に踊らせた上、毎度をさらって行くのです。
るところにあるゆゑに陰にして陽のをうしなはざる也。天地気中の機関定理定格ある事奇々妙々愚筆しがたし。
悲痛な声が叫んでいた、「あれがこった! 落こった!」足音が階段をころび降りてきた。父が、母が、泣きながら彼の身体にとびついた。
あんなに限って、そりゃきっと夢中になって、お前さんの事なんざとして、お宝を拾うから、とそのお前さん、計略?
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まるで落語ののようなわけなンで。……金付馬が鶴岡を出たのが先月の二十二日。伏鐘は江戸にいてちゃんとそれがわかっていた。
今は隱退してゐる小菅關根金次郎名人につて、をとると手がありちになる。手があるやうでは名手とは言へぬ。
蜀黍粒つてあんすぞ、さうすつと此處けたの何處へかつてつちやつたな」被害者はいつた。巡査首肯いた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私も未だ試験慣れのせぬ、ふと其かねを外してこちた時には、親の手前、学友の手前、流石面目なかったから、少し学校にも厭気が差して
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
琴柱にも使われましたが、三絃の盛んな頃はそれに使うの需要がしいのでしたから、撥が根附の材料に多く使われたのですが、低級の人が用いるので、名のある人たちが
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
ぎたる紅葉しけれど、山茶花しりひて、のこまやかに、ひすゝまぬなきなりける。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
これすなわち清行のいわゆる「諸国の百姓課役を逃れ、租調をるゝ者、私に自ら髪をし、猥りに法服を著く」とある者である。
無闇と人の頬片髭面り附けやアがって……おや笠を落してしまった、仕様が無いなア……おや笠は此処にちてる
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
つ日の照りきはまれば何がなし小鳥岬をいま放れたり
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
君たちが昏睡にると、僕は君と恒子さんとをならばせ、それから、僕は恒子さんのわきに横になろうと思う。そうすれば僕と君とは恒子さんをはさんで死ぬことになるのだ。
ある自殺者の手記 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
「何あ、てるんだてよ?」
三人の百姓 (新字新仮名) / 秋田雨雀(著)
かさあつちのがだとつてにやんなえゝもんで、つたこと出來たのせ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
井戸した梯子けてもれめえか」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
生田は伯楽の見れたる千里の馬の如く呆れて其顔を
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「ねえ、さん! わたしさんのって、しちまったの!」
四万に居やアがった時に何と云った、瀧川左京と云う旗下のでございますが、兄にされてと涙をしたをに受けて、は五十円と云う金を出し、汝を身請して橋場の別荘へ連れてッて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
殊に又之を殺せば日頃憎しと思う藻西は死し老人の身代は我愛する美人倉子の持参金と為りて我が掌底がり込む訳なれば承知したるも無理ならず。
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
ちも落ちた、奥州青森の裏借屋に、五もくの師匠をしていて、二十も年下の、炭屋だか、炭焼だかの息子と出来て、東京へ舞戻り、本所の隅っ子に長屋で居食いをするうちに、この年齢
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それは生国魂神社の境内の、さんがんでゐるといはれてくて近寄れなかつたの老木であつたり、北向八幡の境内の蓮池につた時に濡れた着物を干した銀杏の木であつたり
木の都 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
御食むかふ南淵山にはれる斑雪りたる 〔巻九・一七〇九〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
おまへの心は天地の声を、聞きすこともなかつたゆゑに。
是等石鏃は鳥獸獵の射損じて地にちたるものなるべく、其存在の事實は、如何にコロボックルが鳥獸捕獲の爲め高山に登りし事有るかを告ぐるものたり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
さう言ふ木や水で死ぬのは、躰を傷け、血をさぬ死に方で、禁忌を犯さぬ自殺法なのです。我々はこれは簡単に今まで考へてをります。日本の古代女性には、其職掌上、結婚を避ける女があつた。
真間・蘆屋の昔がたり (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「モ、モ、モシ、……。……オサアイ。……ガチギレソーダ。……アア……チル、……チル……」
「あははのはあ」と頓驚な笑いでになる。
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)
那時百姓。上千上萬。……走致揚州府前。市心裏。那裏等得開刀。早被百姓上來。儞一刀。我一刀。零分碎剮去吃了。只一個孤椿市心。開了膛心肝五臟
丑松は二度目の球を試みた。力あまつて線を越えた。ああ、『』だ。丑松も今は怒気を含んで、満身の力を右の腕に籠め乍ら、勝つも負けるも運は是球一つにあると、打込む勢は獅子奮進。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)