開扉一妖帖かいひいちようちょう
ただ仰向けに倒れなかったばかりだったそうである、松村信也氏——こう真面目に名のったのでは、この話の模様だと、御当人少々極りが悪いかも知れない。信也氏は東——新聞、学芸部の記者である。 何しろ……胸さきの苦しさに、ほとんど前後を忘じたが、あと …
作品に特徴的な語句
っこ におい くる 打衝ぶッつか あげ ほん ひもじ かおり とぼそ 奉仕サアビス つき そびら 上手うま なまめか おおき 音信おとず 巡査まわり 寝込ねごみ たなそこ やわらか 爪弾つめびき ことば もえ 引解ひっとき 入費いりよう 目前めのまえ じっ 追出おんで えい とも いかめ 温習おさらい 湿気しっき 一夜あるよ どし 書記かきやく ほがらか だな 筒袖つつッぽ だて 嬰児あかんぼ ひっ うっす よう 護謨コム ちな 四面まわり 矗立ちくりつ まこも のろい にげ 気競きそ なぞら どり あが 下端したっぱ 滑稽おどけ わた 花柳はなやぎ わき くる 暗夜やみ 紅裏こううら 巌石いわお たび 不可いけな 昆布こぶ 片翼かたは 家鳴やなり 片端かたっぱし さわや うお ばあ 手製てづく かけはし 手練てだれ わび 突俯つっぷ 諸翼もろは 頬被ほおかぶり 譬喩たとえ じっ せめ 夜更よふけ にぎや 扇子おうぎ きま ななめ 整然きちん おさ 眷属うから 洋刀サアベル