“昆布”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんぶ69.2%
こぶ26.2%
コンブ3.1%
コブ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ガラスの蓋をした二ツの箱には、おみくじや、固い昆布がはいっていて、それらの品物がいっぱいほこりをかぶっている。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
四谷りへ食料しにて、煮染屋つけて、れた壁泥いのをんで飛込んだが、あての昆布佃煮もない。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
夜になると、亡者が此処から出て来て、昆布海胆などの磯のものを取り、戻って行ったとのことであった(幌別本町の板久孫吉老)。
ナニナニ?——海ノ底デネ、青イハイタ女学生ガ昆布ノ森ノ中、岩ニ腰カケテ考エテイタソウデス、エエ、ホントニ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)