“水貝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みずがい66.7%
みづがひ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
になって保はいった。「きょうは久しぶりで、洗いに水貝を取って、少し酒を飲んで、それから飯にします。」
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
日本流の洗肉水貝も悪くない。果物にパンぐらいで、あっさりと冷やし紅茶を飲むのもいい。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そのこゑはなめらかな砂のうへをはしる水貝のささやき
藍色の蟇 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)