“薄暑”の読み方と例文
読み方割合
はくしょ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——東海、鎌倉はもう薄暑はくしょの候だが、伊吹のすそはようやく春闌はるたけたみどりの深みに駒鳥の高音たかねがやや肌さむいほどだった。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
薄暑はくしょはや日蔭うれしき屋形船やかたぶね
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
町の男女のあいだにはもう薄暑はくしょれ合い、白檀びゃくだん唐扇からおうぎを匂わす垂衣たれぎぬの女もあった。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)