“春社”の読み方と例文
読み方割合
しゆんしや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茶山の文は末に「春社」と記してある。そして大田南畝の病の事が書いてある。南畝は中一月を隔てて歿した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
十九日は春社であつた。蘭軒の詩に「小吹今年新附一、童孫鳴得口琴児」の句がある。わたくしは初め榛軒が已にり已に子を挙げてゐたかを疑つたが、これは一家の事にらぬらしい。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)