“春水”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅんすい85.0%
しゆんすゐ10.0%
しゅんすゐ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この相談を受けた時、二葉亭の頭のッコにマダ三馬春水の血が残ってるんじゃないかと、内心成功を危ぶまずにはいられなかった。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
「それから手前どもでも、春水を出さうかと存じて居ります。先生はお嫌ひでございますが、やはり俗物にはあの辺が向きますやうでございますな。」
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)