俳人蕪村はいじんぶそん
芭蕉新たに俳句界を開きしよりここに二百年、その間出づるところの俳人少からず。あるいは芭蕉を祖述し、あるいは檀林を主張し、あるいは別に門戸を開く。しかれどもその芭蕉を尊崇するに至りては衆口一斉に出づるがごとく、檀林等流派を異にする者もなお芭蕉 …
作品に特徴的な語句
ゆふ そむい ゑる そむ ゆく もる くひ いる かんば をさ ざう 黄昏くゎうこん をそ ゐのしし くひせ とる 菖蒲しゃうぶ ゑが ちひさ 風流ふり いづ ひっ ちっ うご とうと つまび いほ おひ とど をんな をどり あやう たと 四方しはう うるほす 髑髏されかうべ 楊柳やうりう さい いり ぺん 紀路きのぢ つばくら よぶ 句切くぎれ あらは 床几しゃうぎ 行々ゆきゆく はじ かけ いも しに へん だい 樵者せうしゃ うたひ うづ なんな 在処ありどころ きわ 金屏きんびゃう 命婦みゃうぶ すみ まつ かん 兼好けんかう 眉毛びまう 無恙むやう われ 行々ゆきゆき 懐抱くゎいはう 茯苓ぶくりゃう をし かぎ もく さが うを 魚屋うをや 春水しゅんすゐ 独鈷どくこ かはづ 更衣ころもがへ こう 諏訪すは 小家こいへ
題名が同じ作品
俳人蕪村 (新字旧仮名)正岡子規 (著)