“喰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
33.5%
くら19.5%
18.5%
11.2%
くい2.2%
あが1.2%
くっ1.1%
くは1.1%
くひ1.1%
くわ1.1%
たべ0.8%
0.7%
くつ0.5%
くれ0.5%
くろ0.5%
0.4%
くう0.4%
やつ0.4%
しよく0.3%
0.3%
しょく0.3%
0.3%
くらへ0.3%
0.3%
ぐひ0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
くふ0.1%
うな0.1%
かぶ0.1%
くらう0.1%
くらは0.1%
くらひ0.1%
くらわ0.1%
ぐい0.1%
ぐらい0.1%
0.1%
0.1%
たう0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
クウ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身に浸みとおり、性格にい入って行った。従って彼のなすこと考えることは、一にかかって、彼らに対する何らかの反撃であった。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
食物の品柄次第にて、にわかにこれをいて腹を痛むることあり、養生法においてもっとも戒むるところなれば用心せざるべからず。
学者安心論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
娘は何か物をべかけていたらしく、片袖の裏で口の中のものを仕末して、自分の忍び笑いで、自然に私からも笑顔を誘い出しながら
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「行列が動き出そうとするとき、乗物のの隙間から、花嫁のみ出していることに気が付いて、私が直してやりましたが——」
確められて文三急にれかけた……が、ふと気をかえて、「ヘ、ヘ、ヘ、御膳も召上らずに……今に鍋焼饂飩でもたくなるだろう」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
……でもね、どうぞ、恐がらずにってちょうだい。あまりひどいことにならないだろうってことだけは、自信をもって申しあげますわ
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
左側に御手洗、金燈籠、石燈籠、狛犬が左右に建ち並んで、それから拝殿のの下につくようになって天水桶があった。その天水桶は鋳鉄であった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
我国にて塩引にしたるを大晦日には用ひざる家なし。又病人にもす。他国にて腫物にいむは、これになれざるゆゑにやあらん。
蛸がすぐにつかないのも道理で、その捕へてゐるのは、蛸にとつては恐しい大敵の海豚だつたのです。
動く海底 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
今まで茶店の婆さんとさる面白い話をしていて、何の気もつかずに、ついそのままの顔を往来へ向けた時に、ふと自分の面相にしたものと見える。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
恰度、通り合せた黒吉は、ちらりとそれを見ると、何を思ったのか、そのかけの煎餅を、そっと、いかにも大事そうに持って行った。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
「なに、構わんです」、と仕方が無いから、皮ぐるみムシャムシャりながら、「何は……何処へらしッたンです?」
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
アノ大福餅今坂のやうなものをべて見たいのです。金「餅気のものを沢山ちやア悪くはありませぬか。源「いえ悪くつてもひませぬ。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「うん、日暮前にゃ俺らもあ出すから、眼鼻がついても帰ってくるな——勘、われもちったあ身入れろい、なんだ、大飯ばかりえやがって。」
かの馬が飼料をうて、その品の性質を知らず、ただその口に旨きものはこれを取りて、然らざるものはこれを捨つるに異ならず。
物理学の要用 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
中臣・藤原の遠つあめの押雲根命。遠い昔の日のみ子さまのおしの、と、みを作る御料の水を、大和國中殘る隈なく搜しめました。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
……今よりズツともむないもんて、土百姓々々々と人間の數へも入らずに、あの天滿宮さんの神主の家へ行くんかて、門から草履を脱いで、臺所口へ平つくばつたもんや。
太政官 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
此處を死場と定めたるなれば厭やとて更に何方に行くべき、身は疳癪に筋骨つまつてか人よりは一寸法師一寸法師とらるゝも口惜しきに、吉や手前は親の日にさをたであらう
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
たとひ遠郷にゆきて年をても鳥をすれば必凶応あり、灵験煕々たる事此一を以て知るべし。されば遠郷近邑信仰の人多し。
孩子どもだのなんのって言ってっと、まだはあ、長びく原因で、去年のように、拾わねえうぢに、みんな雀にってしまうがら……
山茶花 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
然るに過般来無く、且つ喰後は胃部には不快を覚えたるも、今や進んで喰するを好むも、然れども注意して少量にして尚空腹を覚ゆるを耐忍せり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
物などがらず、それは見る目も小気味よい飲み振りだった。二十七の若さが、そこには誇って色に出ている。
像材椿なるをもつて此地椿をとすればかならずあり、ゆゑに椿をず。又尊灵鳥を玉ふ、ゆゑに諸鳥寺内にをなして人をず、此地の人鳥を捕かあるひは立所神罰あり。
「まだ四十兩殘るが、これはお靜と俺が湯治に行つて、溜めた店賃を拂つて、殘つたら大福餅のひでもするか」
すべてといふものは何よりもうまいものである。喜田氏は内田博士の居ない折を見ると大急ぎで煙草を取出した。
「こいづば鹿でやべか。それ、鹿」と嘉十はひとりごとのやうにつて、それをうめばちさうのきました。
鹿踊りのはじまり (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
ンヤデヤなア、ゲデセエ、ゴト日當りの屋根サ干すエネればがしグテ、晝間まで掻廻して、それガラ田畔サあがテせ、
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
去年の草の立ち枯れたのと、今年生えて茎を立て初めたのとがまじりあつて、屋敷地からみ出し、道の上までも延びて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
なし中にはぎ人がひてや喰ずの極貧者には持合せの金を何程か與へ慈善の道を好むのも掛替の無き兩親に不幸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
夜空に籠った陰惨なりに、お鳥はハッと首を挙げると、縛られた大樹をって幾百の光り。
裸身の女仙 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
と口惜しいから松五郎にり附きに掛ると、松五郎は少しく柔術の手を心得て居りますから、茂之助の胸倉をえて押してきますと、の辺には所々に沼のような溜り水が有ります。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
いわんや数頭をめ、わずかに一頭のべきものにおいてをや。その餓るやその勢必ずあいに至らん。あに上世の虎は目今の猫のごとく、太古の熊は今日の犬のごとしというべけんや。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
そも/\和獣の王、くしてる。菓木皮虫のるゐをとして同類ず、田圃ず、すはたる時也。
此時こゝろづきて腰をさぐりみるに握飯弁当もいつかおとしたり、かくては飢死すべし、さりながら雪をても五日や十日は命あるべし、その内には雪車哥さへれば村の者也
俗人も山師も新聞記者も種々雑多なものが来ている。先生があると、煙草盆を下げて出て誰にでも会って話をする。気に喰わぬから門前払いをすとか、仏頂面をして話すとかいう事が更にない。
きらずだ、ぐ、見得がいいぞ、吉左右! とか言って、腹がいているんですから、五つ紋も、仙台も、手づかみの、がつがつ。……
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もしも政府の充分な補助があり、中途に恰好な石炭補給場が見つかりさえすれば、石炭の単式エンジンをもってしても、両輪に太平洋の波をわけてよく貨物の輸送に耐えることができたはずである。
林「何うしてお前さんの喰欠けを半分うて見てえと思ってゝも、喰欠けを残した事がねえから、台所にお膳が洗わずにある時は、洗った振りをしてめて、拭いてしまって置くだよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
年中臟腑砂拂だといふ冬至蒟蒻べた。お明日からでもきられるやうにつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
こと/″\く べつくして
髪切虫 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
之を嘲る意味でレンゲみの岳というたことからレンゲ岳となり、それに蓮華の二字を当てた例などもあるので、く調べた上でないと信用されない。
白馬岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
中臣・藤原の遠つ祖あめの押雲根命。遠い昔の日のみ子さまのおしの、と、みを作る御料の水を、大和国中残るなく捜しめました。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
熊野なる鰹の頃に行きあひしかたりぐさぞもかとせこそ
熊野奈智山 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
日〻やくハずに、じつあわれなるくらしなり。