“メ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:
語句割合
20.0%
15.0%
10.0%
7.5%
5.0%
5.0%
5.0%
5.0%
5.0%
2.5%
(他:8)20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八千矛の神のみことは、とほ/″\し、高志コシの国に、クハをありと聞かして、サカをありとキコして……
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
八千矛の神のみことは、とほ/″\し、高志コシの國に、クハをありと聞かして、サカをありとキコして……
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
オヤ(母)神に対して、乳母神オモカミをば(小母)と言つた処から、母方の叔母即、父から見たと言ふ語が出来た。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
同時に、斎女王を持つ東海の大国にあつた、神と神のなる巫女と、其子なる人間との物語は、琉球の説話にも見る事が出来るのである。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
愍然想リンギヨギヤつてくれせや」と磯藻の様になづさひ寄る濃いナサケに、欠伸を忘れる暇もあつた。
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
それあの山部の何とか言つた、地下ヂゲビトの歌よみが、おれの三十になつたばかりの頃、「昔見しフルき堤は、年深み…年深み、池の渚に、水草ミクサ生ひにけり」とよんだ位だが、其後が、これ此樣に四流にも岐れて榮えてゐる。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
遠い昔の日のみ子さまのおしの、イヒと、みを作る御料の水を、大和国中クニナカ残る隈なく捜しモトめました。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
遠い昔の日のみ子さまのおしの、イヒと、みを作る御料の水を、大和國中クニナカ殘る隈なく搜しモトめました。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
……丹波の五女をして、掖廷に納る。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
……丹波の五女をして、掖廷に納る。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
そこで、天子様はお憤りなされて「つねに、長眼ナガメしめ、又しもせず、モノオモはしめたまひき」とある。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
景行天皇記に、「恒に長目を経しめ、またしもせずて、物思はしめ給ひき(古訓)」と書いてある。
執術トルワザ鈍有丹ニブカラムニ炎曜カヾヤク 金造コガネヅクリ大刀タチ何将為ナニセム
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
して見れば、古人の勘定を、今人の壺算用に換算することは、其こそ、杓子定規である。
妣が国へ・常世へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
フッと耳たぼをくすぐられた様な気持でをあげた時居眠りをしそうになって居たのだと気がついた。
千世子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
の 冴え/″\と小かりしか
『かげろふの日記』解説 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
家持の乘は再、憂欝に閉された主人を背に、引き返して、五條まで上つて來た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
家持の乘は再、憂鬱に閉された主人を背に、引き返して、五條まで上つて來た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
面白いのはミヤ祭りの有様である。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
鄙のすまひに衰へては、験者の末流を汲む輩の手さきに使はれて、官された野狐となり、いづなの輩に伍して
狐の田舎わたらひ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
長雨にせよ、ながにせよ、名詞である。
思ふに、家持の趣味から、出た出来心ではなく、かう言ふ防人歌は、常にされたのであらう。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
首里主スンヂヤナシで、キミ
コラセバアマネク旧山川キュウサンセン
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
真荒男マスラヲが 朝廷ミカド思ひの忠実心マメゴヽロを血に染めて 焼刃ヤキバ見澄ます※
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
真荒男マスラヲ朝廷ミカド思ひの忠実マメ心 を血に染めて、焼刃ヤキバ見澄ます
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
こうやって、若々しい楓の枝かげに、を出したばかりの春の羊歯シダの葉に飾られてある壕は風雅ですが。
乞食ホエドして暮らすマナグデ來るデバ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)