“毛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
73.5%
21.0%
もう3.3%
まう0.6%
すこし0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、小川おがわれていって、ボンをみずなかれてあらってやったりして、ボンをよろこばせるのをもたのしみの一つとしているのです。
少年の日の悲哀 (新字新仮名) / 小川未明(著)
目は細く、常に、日光をおそれるごとくまばゆそうであり、顔じゅう、茶色のを持ち、笑うと不気味な歯並びが刃物のように真白だ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それうもかぬな、しかしさういふのには魔睡剤ますゐざいもちゆるとすぐなほるて、モルヒネをな、エート一ゲレンは一りんもう
華族のお医者 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
ばうなはが七せんまうで一そく草鞋わらぢが一せんりんといふ相場さうばだからどつちにしても一にち熱心ねつしんうごかせばかれは六七せんまうけるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
表に御記被成候六条ハ、小、西、両氏及老兄、龍等も御同席ニて談論セシ所ニて、すこしも相違無之候。後来といへども決して変り候事無之ハ、神明の知る所ニ御座候。
けふははげしい金に変り
春と修羅 第三集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
執術トルワザ鈍有丹ニブカラムニ炎曜カヾヤク 金造コガネヅクリ大刀タチ何将為ナニセム
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)