“もう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モウ
語句割合
37.3%
15.8%
最早12.9%
11.3%
6.3%
2.8%
2.1%
1.6%
1.2%
1.2%
1.0%
0.9%
0.7%
0.7%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
借りた方は精々り出して、貸元の店へ材木を並べるばかり。追っかけられて見切って売るのを、安く買い込んでまたける。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
し上げます。町はもうすっかり掃除ができてございます。人民どもはもう大悦びでお布令たずきれいに掃除をいたしました」
四又の百合 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そして、お雪や正太の細君なぞに比べると、もっとずっとい芽が、最早彼の周囲に頭を持ち上げて来たことを、めずらしく思った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
耕地が一面に向うへけて、正面に乙女峠が見渡される……この荒庭のすぐ水の上が、いまでた榎の宮裏で、暗いほどな茂りです。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「それは感心ですね。このあいだの教員会議のときに、この学校にも託児所けたらという、先生がたのご意見たのですよ。」
汽車は走る (新字新仮名) / 小川未明(著)
が、例を引き、因を説きく、大人の見識を表わすのには、南方氏の説話を聴聞することが少しばかりれたのである。
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
亦、天皇、其后へ、命詔しめして言はく、「、子の名は、母名づけぬ。此子の御名をば、何とか称へむ。」かれ、答へさく、……。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
切て駈付來り兩人にて又々彼方此方と尋ね廻り地内の鎭守稻荷堂或ひは薪部屋物置等らずしけれ共だに見えざれば掃部は不審此上は和尚を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鶏がれた声で鳴いた。の最初の光が、一面にと曇った窓ガラスを通して現われた。降りしきる雨におぼれた、悲しい蒼白い曙であった。
精進の理想をなりとせず、芸術科学の大法を疑はず、又人心に善悪の奮闘争鬩あるを、却て進歩の動機なりと思惟せり。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
憲政擁護と政治浄化運動を展開している最中なので、それから手をひくわけには絶対に行かない。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
世界希覯の多種の貴重生物をして身をし胤を留むるに処なからしめて、良好の結果を得たりなど虚偽の報告をりて揚々たるを厳制されたしとす。
とかく言い争ってみたが、前とは打って変って旦那はの兄弟の言いがかりだと言い張って相手にしない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「君子はしてせずでございますな、いったん釣りの細かいところの趣味を味わった者には、御隠居の前だが、網なんぞは大味で食べられません」
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
仮令ば彼塔倒れた時生きて居やうか生きたからう歟、ゑゝ口惜い、腹の立つ、お浪、それほど我がしからうか、嗚呼〻〻生命もいらぬ、我が身体にも愛想の尽きた
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
女房は、これも現下の博多節に、うっかり気を取られて、釜前の湯気にとして立っていた。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この時、幕府、夷書を下して言路を開く。余、同志と議し、くも二、三の名侯心をえ力をせ、正義を発し俗説を排するもの有らば、則ち天下の論定まらんと。しばしばこれを政府にす。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
そう云われると、一刀斎も、衆に対して、「道」の誤まられることをれた。愚者のをひらいてやるのも修行者の任と思った。
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
触るよ、触るか、抱いて寝るんだ。何、玉香が、香玉でも、じゃは大抵似寄りだ、心配しなさんな。その女じゃああるめえよ、——また、それだって、構わねえ。俺が済度して浮ばしてる。
露萩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の二氏を閉息せしめることに成功したが、おしまいに、季氏を押さえる段になって、計画が水泡に帰し、一方、定公は斉の国の誘惑に乗って、季氏とともに美女にたわむれ、宴楽にふけり
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
士と土、爪と瓜、岡と、齊と齋、、これらの区別は大方知らぬ人もなけれど商(あきなひ)と啇(音テキ)、班(わかつ)と斑(まだら)の区別はなほ知らぬ人少なからず。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
しかも口づから承知して置きながら十日とたたぬにろくはなさるまじ、あれあの懸けの引出しにも、これは手つかずのと一ト束、十か二十か悉皆とは言はず唯二枚にて伯父が喜び伯母が笑顔
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「そんぢやおめえさんにや不自由なしでえゝな」さんはましにいつた。さうしてさな木片草刈籠からした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
らやうなでも十背負へんだもの、近頃ぢやが一不自由やうねえのさな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
大江は県令林厚徳して、師範学校を設けることにして、保を教頭に任用した。学校の落成したのは六月である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
さてこの奇談が阿部邸の奥表伝播して見ると、上役はこれをて置かれぬ事と認めた。そこでいよいよ君侯にして禄をうということになってしまった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
趣向は専らと恋なり、みな一主人にってその営利のために働く、もし主人過分にけてえらるれば死刑に逢う。
毎年数千の馬をこの国へ輸入し法外にける、しかるに一年つ間に、多くは死んで百疋も残らず、これこの国人馬を養う方を知らず、外商これを奇貨とし、馬医この国に入るを禁ずるによると。
つ! つ! つ! つ! つ! つ! つ! お!」とみんなが答えた。
鐘塔の悪魔 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
それと見た一頭の黒い牝牛は尻毛を動かして、塩の方へいて来る。眉間と下腹と白くて、他はすべて茶褐色な一頭も耳を振つて近いた。と鳴いても。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その喜びをさんため、神棚に燈火を点じようとして立った父が、そのまま色をかえて立窘んだ。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私はとなった。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
奥様の方から無理に勧めて置いたお秋様がけました若様が、お三歳という時に奥様がお逝去れになりましたから、お秋様はお上通りと成り、お秋の方という。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
太宰府でし人帰りきての話に、かの女乞食にたるが襤褸着し、力士に伴いて鳥居のわきに袖乞いするを見しという。人々皆な思いあたる節なりといえり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ああ、今夜唯今、与五郎芸人の身の冥加を覚えました。……ついては、新蕎麦の御祝儀に、が貴女に御伽す。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)