汽車は走るきしゃははしる
春風が吹くころになると、窓のガラスの汚れがきわだって目につくようになりました。冬の間は、ほこりのかかるのに委していたのです。裁縫室の窓からは、運動場の大きな桜の木が見えました。 「あの枝に花が咲くのは、いつのことか。」と、ちらちらと雪の降る …
作品に特徴的な語句
みね なお ぼん じゅ 改良かいりょう すく がた ほん がつ せん せい 故郷こきょう 心持こころも 年寄としと あた 東京とうきょう なか あたま にん おと よご あいだ ひら さき あか 日本にっぽん はい にち ほう あたら かよ 生活せいかつ 裁縫さいほう 衣服いふく きゅう ごえ わか そと あね まか むすめ 婦人ふじん かんがえ のち 彼女かのじょ 工夫こうふ ねん 研究けんきゅう ふち 校門こうもん さくら 梅林ばいりん たの 構内こうない ある かあ どく 気持きも 汽車きしゃ 洋服ようふく 洋裁ようさい なみだ きよ わた 満開まんかい すべ 無数むすう あつ とう 生徒せいと よう まち 番組ばんぐみ しろ 白毛しらが 白銅はくどう 監督かんとく いし やぶ 達者たっしゃ とお