“梅林”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばいりん64.3%
うめばやし35.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どの茶屋も軒には新しい花暖簾をかけて、さるやとか菊岡とか梅林とかいう家号を筆太にしるした提灯がかけつらねてある。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
広々としたっぱには、一屋敷跡のようなところがあって、青々とした梅林には、がたくさんっていました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
あちらには、梅林があるし、木立もたくさんしげっていますから、どこからかうぐいすがんできていているのでないかとも、われました。
鳥鳴く朝のちい子ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
と小兼はお蘭を連れてを聞き/\竹ヶ崎の山へ来て見ると、芝を積んで枳殻を植え、大きな丸太を二本立て、表門があり、梅林が有りまして