綺堂むかし語りきどうむかしがたり
私は麹町元園町一丁目に約三十年も住んでいる。その間に二、三度転宅したが、それは単に番地の変更にとどまって、とにかくに元園町という土地を離れたことはない。このごろ秋晴れの朝、巷に立って見渡すと、この町も昔とはずいぶん変ったものである。懐旧の感 …
作品に特徴的な語句
つら ほお 逆上のぼぜ かか ばね きも 交換かわ やから じれ 饅頭まんとう 河内かわうち すげ せば ロン がしら まし あさ 何処どっ ひき ふとこ しぼ じょう もり まま しも うざぎ ゆで こうべ ぶみ はだ 湯煙ゆげ いそ ゆう むな しん はつ きれ おおや くだ かけ 高粱コウリャン 知己しるべ はな のたく 大勢たいせい わき あぶ ぬか がん 単衣ひとえもの あた そよ 如何いかが 帽子シャッポ 赫灼かくやく しゅうと とら きたな たて ざら 白金しろかね けん いだ 平日へいじつ ひと 可笑おかし 露店よみせ かさ 唐黍もろこし はた こう つう 商人あきうど のび 追剥おいは ふく だけ かご しゃ つの きた 一寸いっすん