“兎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
75.6%
うさぎ22.3%
0.8%
うさ0.6%
うざぎ0.2%
0.2%
とに0.2%
とも0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしあのしいムツソリニも一の「しるこ」をりながら、天下大勢へてゐるのは想像するだけでも愉快であらう。
しるこ (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
十一二のさげで、の長いのが、について、七八ツのが森の下へ、と色鳥ひらりと入った。葭簀に、老人はこれを透かして
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
玄妙きわまる槍と、精妙無比な太刀はここにたがいの呼吸をはかり、たがいに、のすきをねらい合って一瞬一瞬、にじりよった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「狐こんこん狐の子、狐の団子はのくそ。」
雪渡り (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
が出る、が出る、が出る、私の家のまわりにも秋の草が一面に咲き乱れていて、姉と一緒にを持って花を摘みに行ったことをかに記憶している。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
けれど心付くと、してではなく、四邊がシーンとしてるのでかにえるものゝ、くも三四距離るだらう、もあれ物音ゆる以上
もう一年辛抱しなさい。今の学校さへ卒業しちまへば………母親だつて段々取る年だ、さう頑固ばかりもやアしまいから。」
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
大勢にて追取卷れつ戰ふ有樣善か惡かは分らね共若者の凡人ならず天晴の手練かなと感じらに見て居たるに今大勢の雲助にられ已に一命も危く見ゆる武士は立上り何はあれ惜き若者見殺しにするもなしけて呉んとえ上たる禪杖
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そんな風な処々は、の毛で突いた程も、見えませんでした。
芝居に出た名残星月夜 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)