“野牛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
バイスン50.0%
のうし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
野牛さえ、ある程度まで季節と歩調を合わせ、コロラド河の牧草地の草をはむのは、イェローストーン河畔の草が緑を増し甘さを増して彼を待つときまでである。
それはジャムにつぶされ、そこの自然愛好者の味覚を満足させる運命にあるのである。同様に肉屋は草原の草から野牛の舌を掻き取り、折られてむ植物をかえり見ない。
どこからか一匹の野牛が、この森の中にやつてきました、そして誰にことはりもなく、どしりと大きな体を草の上に横にして草をなぎ倒し、かつてに棲家をつくつてしまつたのでした。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)