“駱駝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らくだ98.9%
ラクダ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駱駝岩。眼鏡岩、ライオン岩、亀岩などの名はあらずもがなである。色を観、形を観、しかして奇に驚き、神き、気眩すべしである。
日本ライン (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
駱駝のやうな感じの喜三郎老人は、思ひの外敏捷に立ち上がると、平次と八五郎が留める間もなく、身をしてざんぶと川の中へ——。
ノガイ人種を幾人か頼み彼らに駱駝をあつかわせ、烏魯木斎指して進んで行った。烏魯木斎の次が土魯番で私達はウルマチとトロバンとで完全に旅行の用意をした。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
馬と駱駝と荷車の列——私達の一行はその高原をどこまでもどこまでも行くのであった。塔爾巴哈台からは支那領で、それから先はどことなく沙漠の様子を呈していた。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)