“蝙蝠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうもり78.1%
かうもり13.4%
かわほり3.4%
かはほり3.4%
バット0.7%
かふもり0.3%
かほもり0.3%
へんぷく0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
話声がふわふわと浮いて、大屋根から出た蝙蝠こうもりのように目前に幾つもちらつくと、柳も見えて、樹立こだちも見えて、濃く淡く墨になり行く。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その時わたしは和服を着ていたので、わたしは黙って蝙蝠こうもりのように両袖をひろげて見せた。お玉さんはかの白い歯をむき出してにやにやと笑った。
ゆず湯 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
柳に葭簀よしずを立てかけたその一囲いにお袖はかくれた。——と思うとそれから、ついと、蝙蝠こうもりのように、早足に、出て行った男の影がある。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
追つ驅けるやうにお吉の聲。ガラツ八は舌鼓したづつみを一つ、大急ぎで、路地を出ると、天水桶の蔭へ蝙蝠かうもりのやうにピタリと身を隱しました。
その代り空の月の色は前よりもなほ白くなつて、休みない往来の人通りの上には、もう気の早い蝙蝠かうもりが二三匹ひらひら舞つてゐました。
杜子春 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
停車場から街道へ出て、それ故、急に蝙蝠かうもり傘を擴げる人もあつた。そして白い扇子が同時にぱらぱらと開かれ、大勢の人の胸の邊でひらひらし出した。
少年の死 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
西へ西へと志して爪探りに進み行けば、蝙蝠かわほり顔に飛び違い、清水の滴々したたりはだえとおして、物凄きこと言わむ方無し。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夏の夕暮には、子供が草鞋わらじげて、「蝙蝠こうもりい」と呼びながら、蝙蝠かわほりを追い廻していたものだが、今は蝙蝠の影など絶えて見ない。
思い出草 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「さてはその蝙蝠かわほりの翼、山羊の蹄、くちなわうろこを備えしものが、目にこそ見えね、わが耳のほとりにうずくまりて、みだらなる恋を囁くにや」と
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
婦人をんなはものにねたやう、いま悪戯いたづら、いや、毎々まい/\ひき蝙蝠かはほりとおさるで三ぢや。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
竹椽ちくえんのはしにあしやすめぬ、晩風ばんぷうすゞしくたもとかよひて、そらとびかふ蝙蝠かはほりのかげ二つ三つ
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
平岡のいへの近所へると、くら人影ひとかげ蝙蝠かはほりの如くしづかに其所そこ此所こゝうごいた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
風に乗って、飛んで、宙へ消えた幽霊のあと始末は、半助が赤鬼の形相のままで、蝙蝠バットを吹かしながら、射的店へ話をつけた。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……射的で蝙蝠バットを落す事さえ容易たやすくは出来ないんです。
朝から晩まで眞暗な茶の間の隅に、蝙蝠かふもりのやうにうづくまつてゐなければならなかつた。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
曇日くもりびなので蝙蝠かほもりすぼめたまゝにしてゐるせいか、やゝ小さい色白いろじろの顏は、ドンヨリした日光ひざしの下に、まるで浮出うきだしたやうに際立きわだってハツキリしてゐる。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
たかだか植民地の町長ですからな。無鳥島の蝙蝠へんぷくでがすな。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)