“日向水”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
ひなたみず100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日向水”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
が、試みに手を入れると、ほんの日向水ひなたみずほどのぬくもりしかなく百姓ひゃくしょうの女たちがその湯でせっせと大根を洗っているのである。
〔出典〕吉野葛(新字新仮名)/谷崎潤一郎(著)
「卑怯なまねをさらしやがって! てえっ! こうなれあ俺が相手だ! こん畜生っ! 野ら犬め! ごまかし野郎め! てえっ! 日向水ひなたみずふなああっぷあっぷのちょろちょろだい! 何が何でえ! 化け物侍! てへっ! どっちからでも斬って来やがれ!」
〔出典〕つづれ烏羽玉(新字新仮名)/林不忘(著)