“花氷”の読み方と例文
読み方割合
はなごおり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこには、かつて見たこともない、ずばぬけて大きな花氷が電燈を反射して、キラキラと美しい虹を浮かべて、立っていた。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
装飾用の花氷だったのである。水を受ける為の装置は台に取りつけてあったので、上の氷丈けが落ちたのだ。
夢遊病者の死 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)