“書初”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かきぞ50.0%
かきぞめ33.3%
ふみはじ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“書初”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これで、書初かきぞめもすんで、サア廻礼だ。
初夢 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
手習い子は手ならい草紙そうしで習って、ときどきに清書草紙に書くのであるが、そのなかでも正月の書初かきぞめと、七月の七夕祭りとが、一年に二度の大清書おおぜいしょというので、正月には別に半紙にかいて、稽古場の鴨居かもいに貼りつける。
半七捕物帳:35 半七先生 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「御近所の方がわらいますよ。ことでもくか、お書初かきぞめでもなさい」
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
別紙二、書初かきぞめ、蕪詞、御笑正ねがい奉り候。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
それから若宮はもう宮中にばかりおいでになることになった。七歳の時に書初ふみはじめの式が行なわれて学問をお始めになったが、皇子の類のない聡明そうめいさに帝はお驚きになることが多かった。
源氏物語:01 桐壺 (新字新仮名) / 紫式部(著)