“鏡餅”のいろいろな読み方と例文
旧字:鏡餠
読み方割合
かがみもち70.6%
おかがみ5.9%
おかざり5.9%
おそなへ5.9%
かゞみもち5.9%
もの5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鏡餅の腰を高く、あまり取粉を使わずに色沢のよいものを作ろうとすれば、相応に手腕のある餅搗きを頼まなければならぬ。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
古式の鏡餅を飾った書院造の大玄関へ今しも立現われて来たのは、黒羽二重の紋服に仙台平の袴を折目高く一着に及んだ、五十二三の福々しい恵比須顔。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
兄がで示した前の方の根太板の上に、正月の鏡餅の様に白い或物がつて居る。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
すぐ傍にある鏡餅は大きなものだ、尺だらうといつた人は二三人ある、それは新舊の女流作家だつたが、シヤガールまではとどかなかつた。
裸女の画 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
ところがこのを、死體をおほふばかりでなく、次第立派るようになりまして、さもくなり、周圍もだん/\きくなつてきまして、あるひは鏡餅ねたように
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
「そんな大きな鏡餅を何にするんだ。」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)