“新年”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんねん52.9%
はる35.3%
にいとし5.9%
ねん5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新年停滯てゐるのはしいですよ。今日から、とう/\塵世ざけて、病氣になつてぐつと寐込んぢまいました。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
引つゞいて商ひもなる道理、あゝ今半月の今歳が過れば新年は好き事も來たるべし、何事も辛棒/\、三之助も辛棒して呉れ、お峰も辛棒して呉れとて涙を納めぬ。
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
△「新年を床の青磁の花瓶に母が好みの蔓梅もどき」△小畑に手紙出す、これより勉強して二年三年ののち、検定試験を受けんとす、科目は植物に志す言ひやる。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
新年らえやうといふになつて、宗助髮結床敷居いだ。所爲大分んでゐるので、が二三ヶで、同時にちよき/\つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)