“病氣”のいろいろな読み方と例文
新字:病気
読み方割合
びやうき75.6%
びようき11.1%
いたつき6.7%
やまひ4.4%
びゃうき2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人書生病氣病院這入る一ヶとかに、徴兵檢査合格して入營したぎりでは一人もゐないのださうであつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
正太る/\もとへつて、美登利さんうしたの病氣なのか心持いのか全體うしたの、とのみは摺寄らずいてばかりをますに
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
キヤツとびてるゝを、見向きもやらずりしは、にやさしきの、黄楊へしなり。うらぶれし良家の、病氣なるに、夜半へるなりけり。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
去年は主人の病氣でそれどころでなかつたが、十月に、ふと訪れて來た濱子が、なんとなく淋しげだと思つたら、それが最後で、重い病氣になつて
煎薬 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
はて、其前には、もそっと些細で、たびも夜明しをしたものぢゃが、病氣なぞになったことはいわい。