“いたつき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
病気35.3%
病氣17.6%
11.8%
平題5.9%
板付5.9%
板附5.9%
疾病5.9%
病臥5.9%
病褥5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そなたが、わたしの病気の種を、知らぬなぞと言わせませぬぞ、そなただけが知っていること——みんなみんな、一目、逢うてからの、この悩みではござりませぬか?」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
『珍らしや瀧口、此程より病氣の由にて予が熊野參籠の折より見えざりしが、僅の間に痛く痩せ衰へし其方が顏容、日頃鬼とも組まんず勇士も身内の敵には勝たれぬよな、病は癒えしか』
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
の今朝やまされる、 青き套門を入るなし。
文語詩稿 五十篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
足下に落ちたものがある。平題であった。
弓道中祖伝 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いんやらねえッたらられねえや、どうせ細った素首だから三尺い処へ板付になって、小塚原か鈴ヶ森へされた時に、あゝい気味だと云って笑って下せえ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ひたさになき二度三度、と心意氣にて、ソツと白壁黒塀についてるものを、「あいつ板附はべん」と洒落あり、洒落なるべし。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
この体態を見て、事の由来を尋ぬるに、黄金丸はありし仕末を落ちなく語れば。鷲郎もその功労を称賛しつ、「かくては御身が疾病も、遠ほからずして癒ゆべし」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
こよひるる病臥みのもなか
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
「そういえば、如意輪観世音がご信仰で、月ごとに、ご参詣に見えておいでだが、この春ごろからお姿を見たことがない。——もしや、お病褥ではないかと、わしらは、案じているのじゃ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)