“体態”の読み方と例文
読み方割合
ていたらく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この体態を見て、事の由来を尋ぬるに、黄金丸はありし仕末を落ちなく語れば。鷲郎もその功労を称賛しつ、「かくては御身が疾病も、遠ほからずして癒ゆべし」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
友吉親子が漕いで行く小舟に乗って、近づいて行った吾輩は、この体態を見て一種の義憤を感じたよ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
まったく、意表を絶したこの体態を見ては、かえって反対の見解が有力になってゆくではないか。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)