こがね丸こがねまる
奇獄小説に読む人の胸のみ傷めむとする世に、一巻の穉物語を著す。これも人真似せぬ一流のこころなるべし。欧羅巴の穉物語も多くは波斯の鸚鵡冊子より伝はり、その本源は印度の古文にありといへば、東洋は実にこの可愛らしき詩形の家元なり。あはれ、ここに染 …
作品に特徴的な語句
つが そばた わげ ぬかり いか おせ ゆけ ちっと げに 動揺ゆら ひらり たずね おめき みまか ほとり いで しゃつ かた いぬ とらえ はん かば こう むか 焦燥いらち いぬ つらつ ほっ 退まか 外面そとべ しきり 大概おおかた まいら おび 性質こころばせ おぼし とりひし ふりかえ とっ かかっ いき いかっ 狡猾わるがしこ 呻吟さまよ まわり しもと いえ きも 落着なりゆき はなはだ はらっ 退出まかりで 俯伏ひれふ かく きたり なき 空腹ものほし たた たわぶ しりえ えじき うゆ 強面つれな しい 目前まのあた かれ 退しさ 白地ありのまま うっ うったう 稜威ものもの しゃ 尋常なみなみ 見違みまご 翌朝あけのあさ いず みる ひま とる やぶ 食物かて ちと くっ 確乎たしか あだ 鮮血ちしお いゆ もののかず 復讐あだがえし