“飼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
83.1%
かひ3.4%
2.7%
かい2.0%
がい2.0%
かっ1.4%
0.7%
えさ0.7%
かう0.7%
かつ0.7%
かは0.7%
0.7%
こう0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小鳥つたこともないという、ごうつくばりの因業おやじが、なぜ金魚になつたか、そのにも問題がないことはない。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
此馬冬こもりのやうによりてるとるありて、やせたるは馬さもしるゝものなり。
そして、ふたつの前足で、袋のひもをおさえて、なかなか気取ったかっこうで、をたくさん、はなしいにしてあるところへ行きました。
私どもはこれからいついつまでも、天皇のおおせのままに、おうま下郎となりまして、いっしょうけんめいにご奉公申しあげます。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
一首の意は、勾の池ににしていた禽鳥等は、皇子尊のいまさぬ後でも、なお人なつかしく、水上に浮いていて水にることはないというのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
しかし、この儘、この鳥を他人に渡してしまうのも惜しいような気がしたので、自分でてみたくなった。吉太は私の顔を見ていたが
不思議な鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
壱銭銅貨位のや天保銭位の大きさのを買ってもらって悦んだが、蚯蚓をやるので嫌いになった。私は蛇より蚯蚓が厭だ。
今日はもうをやらんでくれ。それから小使と二人してからだをすっかり洗って呉れ。敷藁も新らしくしてね。いいか。
フランドン農学校の豚 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
私が国を出る時、車屋の老夫婦が大事にして、可愛がってからというので、その鳥を与えて来たのだ。
不思議な鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
猟人は、その無邪気鸚鵡可憐そうにつてないでつれてかへつて可愛がつててやりました。
年久くるる老猫子狗ほどなるが、棄てたる雪ののやうに長火鉢猫板の上にりて、前足の隻落して爪頭の灰にるるをも知らず、をさへきて熟睡したり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
人望のあった糟谷の話であるから、近郷の農民はきそうて家畜うた。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
国には盗人家に鼠と、人間に憎まれめらるる、鼠なれどもかくまでに、恩には感じ義にはめり。これを彼の猫の三年ても、三日にして主を忘るてふ、烏円如きに比べては、雪と炭との差別あり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
草はとりはむ。みづはとり 草はとり飼はむや——其駒