フランドン農学校の豚フランドンのうがっこうのぶた
〔冒頭原稿一枚?なし〕 以外の物質は、みなすべて、よくこれを摂取して、脂肪若くは蛋白質となし、その体内に蓄積す。」とこう書いてあったから、農学校の畜産の、助手や又小使などは金石でないものならばどんなものでも片っ端から、持って来てほうり出した …
作品に特徴的な語句
えさ ぱし 殿どの 飼料しりょう こお あるい もし にわ 先頃せんころ 厩舎きゅうしゃ 待遇たいぐう こわ まず やわ うか ため 燈籠どうろう 美味おい たま 脂肪しぼう 鉄槌てっつい 鉄環てつわ にわとり 一匁いちもんめ 一寸ちょっと 一遍いっぺん なら 乞食こじき かわ しま つかまつ 仕度したく 何時いつ 余程よほど ぼく 充分じゅうぶん ところ 前肢まえあし おと 勘定かんじょう 午后ごご かえ いや また 口惜くや 口笛くちぶえ さけ 叮寧ていねい 可笑おか 右肢みぎあし 咽喉のど あわ くちびる うず かた かべ ゆうべ 外套がいとう ゆめ 夢中むちゅう 大儀たいぎ 大抵たいてい 大股おおまた 奇体きたい へや 室中へやじゅう 寝込ねこ たず とが もっと 尻尾しっぽ 工合ぐあい 度々たびたび まわ 弦月げんげつ おこ 怒鳴どな 怠惰たいだ おそ もど