“仕度”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
したく92.5%
した3.4%
じたく2.7%
しと0.7%
つかまりたく0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さほど広い家でもないから、次の間ではお浜が客をもてなす仕度の物音が聞える。お浜の方でも、二人の話し声がよく耳に入ります。
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
宗觀は敵の行方が知れた処から、還俗して花車を頼み、敵討が仕度いと和尚に無理頼みをして観音寺を出立するという、是から敵討に成ります。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
男は水を飲んでしまつて、三人に眼で知らせると、三人はすぐに帰り仕度をはじめました。さあ、これからがお話です。
赤い杭 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
「それも申上げられませぬ。の秘密に仕度うございます。校長さんに済みませぬから……」
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
当地のそれがしが柴の、何の風情も無く侘しうは候が、何彼と万端御意を得度く候間、明朝御馬を寄せられ候わば本望たる可く、粗茶進上仕度候、という慇懃なものであった。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)