“したく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
支度46.8%
仕度36.4%
準備13.6%
四沢1.1%
贄卓0.5%
用意0.3%
調度0.3%
一飯0.3%
子濯0.3%
思託0.3%
服装0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日江戸表御老中から、御奉書到着いたした。一支度三日道中で、出府いたせとの御沙汰ぢや。』と、かにつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
おおように姫宮の移っておいでになる前の仕度なども院とごいっしょになってしたような可憐な態度に院は感激しておいでになった。
源氏物語:34 若菜(上) (新字新仮名) / 紫式部(著)
『十五日は、両使、増上寺へ御参詣の日であるぞ。諸事、準備はよろしいか。明十三日、高家の下検分があろう。手ぬかりするなよ』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
忽然、鼓の声が、四沢静寂を破った。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これはサレルノにてみまかり給ひし法皇グレゴリヨ七世(獨帝と爭ひて位をはれ、千八十五年此に終りぬ)の遺骨を收めしなり。その大理石像はかしこなる贄卓の上に立てり。
しかし人々が上陸の用意をするようだから、目をこすりこすり起きて見るとすぐ僕の目についたのはのような月であった。
鹿狩り (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
かの字港に着くと、船頭がもう用意をして待っていた。寂しい小さな港の小さな波止場の内から船を出すとすぐ帆を張った、風の具合がいいので船は少し左舷ぎながら心持ちよくった。
鹿狩り (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
げ其上喜八が命乞首尾し申べし其間必ず/\御兩人とも短見給ふなと異見をなし妻にも能々云付長屋の者を頼みて平兵衞は早々調度をなし下總の古河へぞきける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
はされし處忠助は稍々今年十一歳なる伯父長兵衞は名代として江戸へかんと調度金兵衞方に幼少より召使ひし直八と云者萬事怜悧なるに付き之れを召連鴻の巣を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いまつてた。あの土間けてな、草鞋一飯をしたものよ。爐端挨拶をした、面長さんをたか。……時分は、島田髷ませたぜ。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かの庾公子濯を追った故事もご存じであろう。大丈夫は信義をもって重しとなす。この人生にもし信なく義もなく美というものもなかったら、実に人間とは浅ましいものではあるまいか
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは鑑真が唐から六回も企てた渡航で、しかも船中で失明するほどの苦難を経て日本に来た時の百八十幾人かの随伴者の中の思託という唐僧の作とされている。
本邦肖像彫刻技法の推移 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
蔵前ふうの丸曲髷に、曙染被布をきて、手に小風呂敷をかかえている——、で、二、三日前とは、すっかり服装が違っているので、ヒョイと見違えてしまうけれど、それはまぎれもないお綱の変身。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)