“ようい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
容易52.8%
用意34.2%
準備4.5%
妖異4.5%
庸医0.5%
准備0.5%
凖備0.5%
寄易0.5%
庸醫0.5%
揚威0.5%
洋夷0.5%
要意0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おとつゝあそんななんざ一錢だつてつてねえから、だつて容易なもんぢやねえや、そんな餘計なものになるもんぢやねえ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「だが、わたしたちは、冬になってもいいように、用意をしておかなくちゃならないよ。さもないと、ひもじいめにあうからね。」
されど旅客の來りてふものもなければか、店頭には白き繭の籠を幾箇となく並べられ、客を待てる準備は更に見えず。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
われわれは、いかなる猟奇の男性も味わいえないほどの、極度の妖異を経験してきたのであります。あるときは深夜の墓地に死人と語りました。
影男 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
その様あたかも庸医が病を誤診して、初め普通薬を用いて無効なりしや更に劇薬を病者に服せしめし如く、病は平癒せざるのみか益々重る一方であった。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
病の真因に穿ち得ざる庸医の見舞に接して患者の病苦は倍加し、り自ら解決を得べく突き進んだのである。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
ましてや准備おろかなる都の客様なんぞ命くば御逗留なされと朴訥は仁に近き親切。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
春枝夫人と、日出雄少年と、とが、身送人袂別げて、波止塲から凖備小蒸滊船で、かの沖合停泊して弦月丸乘組んだのはぎ三十
草角力の大關で、柔術、劍術一と通りの心得はあると言ふ觸れ込みではれた力松が、刄物を持つて居るのですから、これは寄易ならぬことでした。
切て勘當せしに方々彷徨うち少く醫師の道を覺え町内へ來て山田元益と表札門戸を張れどもより庸醫なれば病家は稀々にて生計の立つほど有らざれば内實賭博
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ひときわすぐれて目立ちたる定遠鎮遠相連んで中軍を固め、経遠至遠広甲済遠は左翼、来遠靖遠超勇揚威は右翼を固む。西に当たってさらにの見ゆるは、平遠広丙鎮東鎮南及び六隻の水雷艇なり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
洋夷の調練している油絵がある、こちらの棚に並べてあるのはありゃ大砲の雛形で、五大洲の地図もあれば地球儀もある、本箱に詰っているのはありゃみんな洋書で
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
手綱にそうとう要意覚悟をもてば、自分とて、こんなところをり落とすことができないではないが、帰る場合にどうしよう?
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)