影男かげおとこ
三十二、三歳に見えるやせ型の男が、張ホテルの玄関をはいって、カウンターのうしろの支配人室へ踏みこんでいった。 ずんぐりと背が低くて丸々と太ったちょびひげの支配人がデスクに向かって帳簿をいじくっていた。そばの灰ざらにのせた半分ほどになった葉巻 …
作品に特徴的な語句
ただし 仇敵きゅうてき 分泌ぶんぴ つか 大蛇だいじゃ しょう 誘拐ゆうかい 空洞くうどう こび 揺籃ようらん 嬰児えいじ じゃ 扮装ふんそう ろう 臙脂えんじ 烏山からすやま 無稽むけい 焼酎しょうちゅう 燈籠とうろう きば 牢獄ろうごく 狡猾こうかつ 猛者もさ 猥䙝わいせつ 猥雑わいざつ 獅子しし 生涯しょうがい 痴呆ちほう 白髯はくぜん 目路めじ 相貌そうぼう 眩惑げんわく 眼窩がんか 睥睨へいげい 瞠目どうもく 知悉ちしつ 石窟せっくつ 祇園ぎおん 祝詞のりと 神々こうごう 稼業かぎょう 笑顔えがお かさ 箴言しんげん 篠田しのだ とう 紫檀したん 紺碧こんぺき ぬめ 継母ままはは 綿貫わたぬき 緋色ひいろ 編纂へんさん しま 美姫びき 美貌びぼう 賭博とばく かなえ 麻布あざぶ 麹町こうじまち 鮎沢あゆさわ 魚仙ぎょせん 高嶺たかね 驚愕きょうがく 風采ふうさい 須原すはら さや 際涯さいがい 陰鬱いんうつ 陀仏だぶつ 阿鼻あび 門扉もんぴ かま 錬磨れんま 金鵄きんし 酩酊めいてい 遮断しゃだん 遊蕩ゆうとう 遊弋ゆうよく 遁形とんぎょう 逢魔おうま 速水はやみ にじ 肢体したい 胡粉ごふん 臀部でんぶ 溺死できし うす 艶樹えんじゅ 艶獣えんじゅう しん 苦悶くもん 荻窪おぎくぼ 蘆花ろか 豪奢ごうしゃ 要塞ようさい