“紺碧”の読み方と例文
読み方割合
こんぺき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西の屋根の並びの上に、ひと幅日没後の青みを置き残しただけで、満天は、のやうな黒味の奥に浅い紺碧のいろをへ、夏の星が
蝙蝠 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
更にそのが裾野となって、やかな傾斜で海岸に延びており、そこに千々岩灘とは反対の側の有明海が紺碧の色をたたえて展開する。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
「毒風肌を切る」葱嶺をこえるに当って、玄奘は「竜王のむ大竜池」のほとりを通っている。それは、紺碧の「無限の深淵」なのである。
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)