“紺飛白”の読み方と例文
読み方割合
こんがすり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自動車が鶴原家に着くと若先生……ではない妻木君が、この間の通りの紺飛白の姿のまま色眼鏡をかけないで出て来て三つ指を突いた。
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その当時の彼らは、努めて書生らしく粧うために、多くは紺飛白の衣類を着て、兵児帯をしめて、筒袖の羽織などをねていた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
或時紺飛白筒袖の著物の縫いかけが、お嫂様のお部屋にあったのを見かけました。於菟さんの不断著を縫って見ようとなすったのです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)