“紺青色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんじょういろ66.7%
ウルトラマリン22.2%
こんじよういろ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その村の板葺屋根が、木の間がくれにちらちら光っている、ちょうどそのあたりで、高地の紺青色が、近くの鮮かな緑色にとけこんでいる。
洗ひ出したやうな紺青色の空に、眩しい夏の太陽が輝かしい光を、一杯に漲らしてゐた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
大臣んで品物ると、皮衣紺青色のさきは黄金色をしてゐます。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)