真珠夫人しんじゅふじん
汽車が大船を離れた頃から、信一郎の心は、段々烈しくなつて行く焦燥しさで、満たされてゐた。国府津迄の、まだ五つも六つもある駅毎に、汽車が小刻みに、停車せねばならぬことが、彼の心持を可なり、いら立たせてゐるのであつた。 彼は、一刻も早く静子に、 …
作品に特徴的な語句
たゞし 微笑わらひ わるび いか はづれ おあにい かほり 老爺ぢいや ジュニヨル まがひ へだゝり しきり テスト 瑞西スヰツル はて なつこ やすら 沙翁シエクスピア さひはひ 蒼白まつさを つか まさぐ どほり なげ はづ わる かへ 妖女ウヰッチ つか 後退しりごみ かへり 苛責いぢ デスク 静寂しゞま たゝ パット コップ をのゝ しほ かゝは 焦燥もどか ずき かほ グループ せゐ すげ はづか をり 此方このかた 復習さらひ つか なみ どち かけら 外面うはべ よそ とざ へだたり ノック ひら おつ うなづ おろ あづか かたはら ぎり 申出まうしいで 由縁よすが ひらめき 在宅ゐま みは ゑひ あたか 知己しりあひ 尖端はし つか 居堪ゐたゝ とほり おどし 湿うるほ たぶら いづ 彼方あつち 往返ゆきかへり いきどほり 偶然チャンス あし いたま ばえ 一寸いつすん 憂慮うれひ すばしこ 横面よこつつら とゞ 其方そちら
題名が同じ作品
真珠夫人 (新字新仮名)菊池寛 (著)