“証人”のいろいろな読み方と例文
旧字:證人
読み方割合
しょうにん30.0%
あかしびと20.0%
しやうにん10.0%
あかし10.0%
しようにん10.0%
ウィットネス10.0%
ウイットネス10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ぼくたちは雌牛を買ったあかしをてればいいのだ。ユッセルの獣医の所へ使いをやればいい……あの人が証人になってくれる」
実に人は自信神に訴え自ら友と争うも力足らず、我に代りてこの事を証人を切に求めるのである。これ難局に処しての人間自然の要求である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
かゝる事はき人らにもかたりきかせて教化便ともなすべくおもへども、たしかに見とゞけたりといふ証人なければ人々空言とおもふらん
そこでお前に頼みがある、お前はここに残ってわれのため後の証人となってはくれぬか
さるにても此まゝにてむすめごが給はゞ我が命をめされ候へ、こゝにをられ候人々こそよき証人なれといひつゝ、赤裸になりてをもさばき井のもとにはしりしたゝかに水を
あゝいうお話はなるべく陰翳の残らないように、ハッキリと片を付けて置きたいと思いますの。ねえ、美奈さん、貴女このお話の、証人になって下さるでしょうねえ。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
あゝいふお話はなるべく陰翳の残らないやうに、ハツキリと片を付けて置きたいと思ひますの。ねえ、美奈さん、貴女このお話の、証人になつて下さるでせうねえ。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)