“証文”の読み方と例文
旧字:證文
読み方割合
しょうもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「今の通りで結構です。けれども後悔しているなんて書かないで下さいよ。う何本もあやまり証文を取られちゃらない」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「何か急場の事で御金の御入用がありましたら、証文も何もなしで、御用立てをしますから。」と言ったこともある。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
なにしろ、そいつはおれにものをうんとくれるって約束をしたんだからな。そのかわり、おれは水車のうしろに立ってるものをやるって証文を書いたんだ。