ひかげの花ひかげのはな
二人の借りている二階の硝子窓の外はこの家の物干場になっている。その日もやがて正午ちかくであろう。どこからともなく鰯を焼く匂がして物干の上にはさっきから同じ二階の表座敷を借りている女が寐衣の裾をかかげて頻に物を干している影が磨硝子の面に動いて …
作品に特徴的な語句
おめかけ おとう はや どま むかい あく 距離へだて なんに おっか どおり おそわ しばらく あったか おろ 敏捷はしっこ なお おか かえ 面貌かお なまめか おもん えん ぱな 種子たねこ おさま かわり づれ とおり 若干いくらか なつか かえ 廿あまん ひか せい 褐色かばいろ 通過とおりすぎ 筋向すじむかい かさ にぎやか とば むき むこう おもい せん こら 理由いわれ しゅうと うごか 好色こうしょく せい せん 語調ちょうし すぎ わき かろん おっと しち がた もと 強請ねだ ならび ひっ 五間けん 紛々ごたごた 頭髪あたま ねむり 街娼ストリート ぬい かえりみ おのれ 下手したで ほとんど うしろ はた 燈火とうか いや あん へん たちまち 大通おおどおり 如何いかん またが にぎや 売女ばいじょ ほう うめ うた 好過よすぎ