ひかげの花ひかげのはな
二人の借りている二階の硝子窓の外はこの家の物干場になっている。その日もやがて正午ちかくであろう。どこからともなく鰯を焼く匂がして物干の上にはさっきから同じ二階の表座敷を借りている女が寐衣の裾をかかげて …
作品に特徴的な語句
満更まんざら 土瓶どびん 神田かんだ 通夜つや 高輪たかなわ 未練みれん 諸共もろとも もも 袖口そでぐち 午頃ひるごろ 布団ふとん たちばな 四谷よつや 途絶とだ 半襟はんえり 苗字みょうじ 八百屋やおや 日蔭ひかげ 檀那だんな 素袷すあわせ 追々おいおい 紙屑かみくず 人影ひとかげ 硝子窓ガラスまど 辞儀じぎ 鼻唄はなうた 海嘯つなみ 小皺こじわ 齷齪あくせく 手蹟しゅせき 最寄もよ 磨硝子すりガラス 内々ないない 浅草あさくさ 縊死いし 御存ごぞん 内所ないしょ 日本橋にほんばし 申訳もうしわけ 薬鑵やかん 後姿うしろすがた 半歳はんとし 樟脳しょうのう 直様すぐさま 道端みちばた 差当さしあた 間口まぐち あくた 上框あがりがまち 尾張町おわりちょう 束髪そくはつ 路地ろじ 頬張ほおば 隣室りんしつ 侮辱ぶじょく 寡婦やもめ 電燈でんとう 人中ひとなか 意久地いくじ 蒼茫そうぼう 飯田町いいだまち 駈出かけだ 出遇であ 風呂場ふろば 襟巻えりまき 不断ふだん 淫蕩いんとう 撫肩なでがた 鋪道ほどう 危篤きとく 飛出とびだ 広小路ひろこうじ 手真似てまね 後手うしろで 素肌すはだ 出掛でかけ 妾宅しょうたく 日頃ひごろ 小日向こびなた 後向うしろむき 旦那様だんなさま 杜絶とだ 潮時しおどき 日傘ひがさ 京橋きょうばし 伊香保いかほ 報酬ほうしゅう 小銭こぜに 愚図々々ぐずぐず 一伍一什いちぶしじゅう 憂欝ゆううつ 一心いっしん 銭湯せんとう 新橋しんばし 三間さんげん 捷径ちかみち 新富町しんとみちょう 駈上かけあが 浜町はまちょう