“褐色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かっしょく56.0%
かちいろ13.1%
かつしよく7.1%
かばいろ7.1%
とびいろ4.8%
くりいろ3.6%
ちやいろ2.4%
ちゃいろ2.4%
ちゃ1.2%
かついろ1.2%
セピア1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肉眼で見る代わりに低度の虫めがねでのぞいて見ると、中央に褐色を帯びた猪口のようなものが見える。それがどうもおしべらしい。
沓掛より (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
サモワルはいつものやうに、綺麗に手入れがしてあつて、卓に被つてあるも雪のやうに白い。パンは柔かさうに褐色に焼けてゐて、薫が好い。
板ばさみ (新字旧仮名) / オイゲン・チリコフ(著)
草木地上きしながらにさうしてける西山々一頻つた。てをじて褐色まれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さ、こうなると、愚にもつかぬ、この長い袖の底には、針のようを褐色の毛がうじゃうじゃ……で、背中からむずつきはじめる。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
褐色薔薇の花、陰鬱桃花心木の色、褐色薔薇の花、免許の快樂、世智、用心、先見、おまへは、ひとのさうな眼つきをしてゐる、僞善の花よ、無言の花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
地平のあたり、一團の褐色なして、なめて
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
おつたは褐色めた毛繻子洋傘けた其處らにれた蕎麥種子まぬ注意しつゝ勘次横手つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そんなことをして、どうしようというんだ! なに、それも毎度のことではないが、ちょっぴり、怪しげな褐色の跡をつけるためにである。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
何人の会合か隣家の戸口へかけて七八輛の黒塗車が居并らび、脊に褐色や萠黄や好々の記号を縫附けた紺法被が往来し、二階は温雅した内におのずからさゞめいて居るので
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
樺色に、褐色に、黄色に、すがれて行くさまざまの林の色は、次第に黒ずんで来た。
凍える女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
部屋のなかは、濃い褐色と黒っぽい藍色のなかに沈んでいるのに、外景には三鞭酒色の明るい光が氾濫している。夏の、あのはげしさはなく、しっとりと落ち着いた調子がある。