“黒褐色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こくかっしょく42.9%
こつかつしよく14.3%
くろかっしょく14.3%
こっかっしょく14.3%
コッカッショク14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後の茶人らが粉茶を用いるに至って、彼らは濃藍色および黒褐色の重い茶碗を好んだ。明人淹茶を用い、軽い白磁を喜んだ。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
野猪全身黒褐色のあらいでおほはれてをり、いのでけだすとには方向へられない動物です。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
音もなくり返って、そこからは巨大な黒褐色の樹幹が、滝をなして地上に降り注ぎ、観兵式の兵列の様に、目もに四方にうち続いて、末は奥知れぬ暗の中に消えていた。
火星の運河 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
やがてその色が黒褐色になり、二週間ほど経って全然色のつかない痰が出るようになり、天気のいい日にはぶらぶら運動にも出られるようになったころから
(新字新仮名) / 島木健作(著)
二、ソノ色、黒褐色水甕ニシテ、底ヲニスルト、赤キ「ペンキ」デ4084ノ数字ガサレタルモノ。