“似”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
91.8%
にか1.5%
ごと1.0%
1.0%
にせ0.5%
あへ0.5%
0.5%
しめ0.5%
にた0.5%
にて0.5%
にや0.5%
もっ0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い、たちは、みんなよく人間ているばかりでなく、から人間そのままなのであるから——獣物世界でさえ
赤いろうそくと人魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しそれがまた後年になってある点までよった境界に身を置いて共に明治大正の文壇の一人者として立つようになったことも興味あることである。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
ここにおいて黒雲い闇夜のごとし、白雨降り車軸のし、竜天にりわずかに尾見ゆ、ついに太虚に入りて晴天と為る
そのてる所以は、この二柱の神の容姿いと能くれり。かれここを以ちて過てるなり。
付込役人と相成三吉小猿を目明となし私儀は御役人のにて夫婦を召捕金子三十七兩を出させ其場を見遁申候其後十二月初旬手下の者を原澤村の名主方迄樣子
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さる盛りの短かきものなれば、暫時よとこの名はせけん、名づけ親ぞ知らまほしき。
あきあはせ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
紅蓮白蓮しきにかず
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
俊の病は今これをにすることが出来ぬが、此冬つた初に、俊は自ら起つべからざるを知つて、辞世の詩歌を草し、これを渋江抽斎の妻五百した。五百は歌を詠じて慰藉した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
辨慶の書は、双鉤填墨のものゝごとし。源空の書は東都屋代輪池蔵する選択集の筆跡にるがごとし。敦盛の像及甲冑古色可掬。大小二笛高麗笛古色なり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
今年五十二三歳であるが、重明とはもつかない、でっぷり肥った赤ら顔の、前額が少し禿げ上って、見るから好色そうな男だった。
黄鳥の嘆き (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
先方では私が叔母の家の者であり、学校の先生ということで遇うたびに礼をして行き過ぎるのでございます、田舎の娘にわない色の白い、眼のはっきりとした女で
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ぬれの如く、にたくましき黒髪、アラビヤ馬にて、精悍にはり切った五体、蛇の腹の様につややかに、青白き皮膚の色、この肉体を以て、私は幾人の男子を征服して来たか。
火星の運河 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ねこ、(中略)人家サキナリ。温柔ニシテク、フレバフ。レドモ竊盗アリ。二尺ラズ。(下略
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)