“二尺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にしやく66.7%
にしゃく16.7%
ニシヤク16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二尺勾配一番えてゐる枯草が、けて、赤土生々しく露出した樣子に、宗助一寸ろかされた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
廊下に金行灯二尺四方もある鉄網作りの行灯を何十台も作り、その提灯手燭、ボンボリ、蝋燭等に至るまで一切取揃えて船に積込んだその趣向は
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ねこ、(中略)人家サキナリ。温柔ニシテク、フレバフ。レドモ竊盗アリ。二尺ラズ。(下略
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)