“能”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
48.0%
あた32.1%
のう7.0%
よく2.7%
かな1.2%
あと1.2%
1.1%
でき0.9%
0.8%
0.7%
よう0.6%
あたは0.6%
よき0.4%
はたら0.3%
よか0.2%
いゝ0.2%
よし0.2%
かの0.2%
ちから0.2%
0.1%
よい0.1%
あたわ0.1%
いい0.1%
うま0.1%
0.1%
0.1%
のと0.1%
よろ0.1%
アタ0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予は信ず、人の衷心、聖の聖なるに、神性ありて、これのみく宇宙間に秘める神霊を認識し、これを悟覚するを得るものなりと。
我が教育の欠陥 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
富貴もするわずといったようなところがあった。私の父も、また兄も、洋服は北さんに作ってもらう事にきめていたようである。
帰去来 (新字新仮名) / 太宰治(著)
の狂言などを見ますと、室町時代・戦国時代頃の大名・侍が、いかに威張って、しかもいかに馬鹿なものが多かったかが知られます。
をおさいといひ、俳名を翠仙といふ、夫婦ともに俳諧を文雅り。此柏筵が日記のやうに書残したるといふ随筆あり。
(妻としてなら、死にに、一目の別れを許して下さるかも知れぬ。……もしそれがわぬ時は、せめて、死骸をここへ戴いて帰って来ましょう)
夏虫行燈 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
学べば大したちはなかろうとおっしゃいました、孔夫子の聖を以てすらが、それでございます、凡人のうところではござりませぬ
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
助「湯河原は打撲金瘡にはいというから、り湯治をなさるがい、てはこの仏壇の作料を上げましょう、幾許あげたらよいね」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
母に死別れて間のない、傷みやすい蕗子の心を波立たせたくない。ることなら何も知らせずに、このまま土地を離れてしまいたい。
流転 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
ク八石ヲセテ、一人ニテスヲ得ベシ。前ハ牛頭ノ如シ。マタ、大車アリ、四人ヲ用イテ、十石ヲ推載ス。シ木牛流馬ニエルモノカ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自然がわれ等に啓示する神の思想や愛を、労働のあらゆる刹那、十五分の休みに、冷たい水のやうに心地よくわれ等は飲み込むことがきる。
工場の窓より (新字旧仮名) / 葉山嘉樹(著)
して餘程御座いますアノ久兵衞さんが何時もと違つて藤助さんの所へには莞爾々々して饅頭だの羊羹だの又錢だのと種々な物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
より他を論議するのついでに此言を附加せしものなれば、二氏も冗長をさけて其理由を言はざりしものならん。然れども吾人は其理由を聞かずんば其説に承服するざるなり。
罪過論 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)
合て見れば我等が謀計りしなり今にては見らるゝ通り相應身上も仕上たれば貴樣が今度遣ひし二人の路用金位は損をば江戸土産
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
私は魂の深い性質の内には、自分の自由にならない、ある公けなもの、ある普遍なもの、自己意識を越えてく堂々たる力があるような気がする。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
助けられしはしく思ひしが是また同じく勾引盜人にてあるべし如何してらんやと薄氣味惡胡亂々々するを見て半四郎は是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
すなとは此ことなりと空嘯いて居たりけるお文は切齒をなしヱヽ忌々しい段右衞門未々其後も慈恩寺村にて張半が出來たと云つて三五郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
将軍尚寵は、性行淑均軍事に暁暢し、昔日に試用せられ、先帝これをとのたまえり。これを以て衆議、をあげて督となせり。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なんなりと、仰せおかれたがよろしゅうござる。この高氏にうことなら、いかようにも取り計ろうて進ぜますが」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日本は刺繍に、漆器に、陶器にあれほど優れた模様を有っていた国である。それも五十年とれば沢山である。だがこの間に日本人は模様へのを速かに失ってしまった。
地方の民芸 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
ロミオは汝等をば寢室への通路にせうとおやったに、志望げいで、處女のまゝでるのぢゃ。さ、よ。さ、乳母よ。これから婚禮かう。
致すはのこと林藏は夫故大方然樣な一でも御座りませうが主有者に手を出すの密夫などは致ませんが只々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
コンスタアブルは湿気の状を描き得たれども暴風の狂猛を捉ふる事ず、然るに北斎にあつては風勢のいかに水を泡立たせ樹木を傾倒しまた人馬を驚かすかを知れり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
加減に述べて、引き出しをいて、たちまち彼奴の眼前へ打ちすと、無数の小銭が八方へ転がり走る。
仲々だと思いましたが老人を殺せば倉子の亭主は疑いを受けて亡き者に成り其上老人の財産は倉子にで倉子は私しの妻に成ると云う趣向ですから石一個で鳥二羽を殺す様な者でした
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
『……甘いこと云うな。をば喰いらんような奴は、博多の町では育ち能らんぞ。今から慣らしておかにゃ、詰まらんぞ。中毒って死ぬなら今のじゃないか』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ここにその総てを記すことはし得ぬところであるが、各島々に渉り特に変態と思うものだけを摘録する。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
現今ミヅシ()、メドチ(南部)、ミンツチ(蝦夷)など呼ぶは河童なれど、最上川と佐渡の水蛇く人を殺すといえば(『善庵随筆』)
ひかせ参り候やうに有之候はゞ、しく御座候。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
劉璋ノ暗弱ヲ以テシテモ守ルニ足レリ。今、ヲ挙ゲテ遠征シ転運万里、全功ヲ収メント欲シ、呉ツトイエドモソノヲ定ムルコトワザラン。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
軽騎ツテハント欲スレバ
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)