“でき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
出來46.6%
出来37.6%
3.6%
腫物1.8%
竣工1.8%
1.4%
0.9%
0.9%
0.9%
成熟0.5%
0.5%
出事0.5%
出切0.5%
出産0.5%
勝負0.5%
当歳0.5%
成効0.5%
成績0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
非常なる同情好意て一億圓のクレデイツトの設定をすることが出來たことは、日本財界つて此上もなき次第である。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
うには、これだけのうのなら、をさええれば、ここに二つの模範的病院維持することが出来るといます。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
それにしても、文字が彫ってあると云うのはる面白い問題で、文字の解釈がたら、𤢖の正体はよ確実に判りましょう。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
栄蔵は顔一面のお腫物の中から、可愛らしい眼で見てゐる赤ん坊を預ることは、あまり気がすすまなかつた。でも、嫌だといふことは、栄蔵の性質として出来なかつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
宝町の三井では、建築増しの竣工た祝いと、新開きの西店の売出しとで、一町内に、紅白の幕を張り、紺の暖簾に、花傘を植えならべて、屋根の上から、餅をいていた。
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その翌る朝、一寸法師の玉六の死体は、百本から揚がったのです。
し行かれしとて思ふ如き鳥もるまじ今日はに致し玉へ手柄は何時でもる事と押止めけれど思ひたる左京は更に聞き入れず思立しが吉日なり是非とも參りたしとての懇望なれば然程に思はれなば兎も角もと手下の小賊
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
だらけの迷い犬に三度三度めしをやっているうち、覚えてくる愛情に、それは似ていた。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
「陛下、ちよつとお伺ひ致しますが、この三鞭酒はどこのでございます。」
もそれ中途盲目つたんだから、それまでにいて身體成熟てるしおめえもつてるりあんで仕事出來るしするもんだから
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
えのか毒消しでもませてつか、らもはあ、だのだの成熟ちやびや/\すんだよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
いかさま、第一木彫の人形か、其次は………イヤ中店のおもちやを一手買占もるだらうな。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
どうか話をしたいから出て来いと云って、返事を寄越したが、四年あとの山水で田地から諸道具衣類まで皆流されてしまったゆえ、今ではどうする事も出事ず、今お金が五十金あれば
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
腰巻がしだいに尽きて、下から茶色のが出る。脛が出切ったら、藁草履になって、その藁草履がだんだん動いて来る。頭の上に山桜が落ちかかる。背中には光る海をている。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
織娘の中で心掛けの善いおくのと云うが有りまして、親父鑑識でこれを茂之助に添わせると、いことにはち子供が出産ました。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
け仕事というんなら、いくらでも乗りやすぜ——このごろ、ずッと勝負が悪くって、すっかりかじかんでいるんですから——」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ること相話しながら、を二本の綸に注ぎ、来るか来るかと、待ちわびしが、僅に、当歳魚五六尾挙げしのみにて、に一刻千金と当てにしたりし日も暮れぬ。
大利根の大物釣 (新字新仮名) / 石井研堂(著)
嬢様は御発明だからチヤンと見抜いて在らツしやる。何時ぞやも俺が傍で聞いてゐたら、奴め得意になつて同僚の評判から局長の噂、来年は海外視察に行く運動も首尾よく成効さうだと自慢たら/\。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
その朝は殊に其数が多かつた。平生の三倍も四倍も……遅刻成績の悪い児の顔さへ其中に交つてゐた。健は直ぐ、其等の心々に溢れてゐる進級の喜悦を想うた。そして、何がなく心が曇つた。
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
一木内相の理想通りに女を拵へさせたら、どんな物が出来上るだらう。堅麺麭のやうな二宮宗に、ちよつぴり性慾をみ込んだ、でサンドヰツチのやうな女がるに相違ない。